浮気調査でGPSアプリやビデオを使用する際の法的リスク①

浮気調査にてGPSアプリやビデオを使用する際、無意識のうちに、違法ラインに足を踏み入れてしまうケースがあります。ここでは、GPSアプリやビデオを、浮気や不倫の調査で使うことで生じる法的リスクについて解説していきます。

1.「不正アクセス行為の禁止等に関する法律

浮気調査を目的として、GPSアプリを相手に無断でスマートフォンにインストールすることで抵触する法律です。違反した場合、1年以下の懲役もしくは、50万円以下の罰金が科されます。

2.「不正指令電磁的記録に関する罪

こちらも、持ち主の許可なくスマートフォンにGPSアプリをダウンロード⇒インストールした際に該当する刑事罰です。3年以下の懲役もしくは、50万円以下の罰金刑となります。

GPSアプリなどを他者のスマートフォンにインストールする際には、必ずアプリの説明(どんな機能を持っているか?など)をした後に、きちんと持ち主に許可を取ってください。ある日突然、逮捕から起訴の流れになることも考えられるためです。

3.プライバシー侵害

ネットメディアなどのアンケート結果で取り上げられる、「恋人にされたくないこと」のひとつに、相手のスマホを勝手に覗き見することがあります。

「それだけ彼氏(彼女)のことが心配なんだな」と、一見微笑ましく映るかもしれませんが、実際にはプライバシー侵害として、民事訴訟にて損害賠償請求を受けるリスクを持っています。恋人はもちろん、夫婦や家族の間でも同様です。